So-net無料ブログ作成
検索選択
/ホルモン療法 (TAM) 5年目 ブログトップ
前の15件 | -

終わった~! [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

最終日.png

通算服用忘れ、ザックリ半年(笑)

2年目あたりから、飲まなくても大丈夫な気がしていて(をい)、

思い切って止めちゃうのってどうでしょう?

と、主治医に提案するも却下されたりしたなぁ…(笑)


私は乳がんを罹患するまでは、薬とはほぼ無縁だった。

風邪を引かない、頭痛・腹痛・腰痛・花粉症なし、高熱(39℃台)出ても自力で治す。

だから、とても飲み切れるとは思っていなかった。

処方されて最後まで服用したのが、ノルバデックス(笑)


副作用が軽かったから続けられたと思う。

って抗がん剤との比較なので、軽いの当たり前~ですが・・・。

あとは、CYP2D6の結果(効きますとゆー太鼓判)が大きいかな。

もし効かないとゆー結果だったら、平然と離脱していたヨ(笑)


自力で治すか、手術するか(西洋医学)で迷った私。

どっちを取ろうがとにかく治る!

いずれにしても必ず人は死ぬのだ…。

この2つの想いはぶれることはなかったので、これからもこれで前へ進む。


明日から無治療。

今から心待ちにしているのは便秘が治ること。

ついでに反乱した水戸さま近辺の正常化。

・・・・・他にないのか?(笑)




nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:健康

遂にカウントダウン入りましたー! [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

本日、10

服用直後(今は朝にしてます)から、ホットフラ~ッシュ![ふらふら]

いつもだったら長袖着用の陽気だったけれど、暑くて着られないっス。

ってことで半袖[ブティック]

あと数日ならば、ホットフラッシュでさえ愛おしい感じ。

でも…便秘は愛おしくないわ(笑)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リンパ浮腫疑惑 [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

術側の右腕の二の腕が太くなってきている気がする。

利き腕が右なので、元々左よりも逞しかったがそれにしてもちょっと…。

先日購入したマッサージウッドを使い、アチコチ押したり、擦ってみた。

そうしたら、かなり肩が凝っている感じ。

自覚なく、押さなければ分からないけれども。


ちなみに、リンパ浮腫予防のマッサージは、抗がん剤投与中に止めた。

生きているのがやっとで、それどころではなくなってしまったから。

マッサージをしていたのは、約2ヶ月(少なっ[たらーっ(汗)]

なるべく重い物を持たないようしたり、寝る時にクッションを使ったりはしていた。

まぁでも、それぐらいでそれほど気に留めてなかった。


うーん。

梅雨で身体が浮腫んでいるからかなぁ。

見た目が太くなっただけなのよね。

重い・だるい・痛い・突っ張る・腫れてる・上がらないetc.の自覚症状なし。

握力30kg以上あるし、背中で左右の腕は組める。


そうねぇ…梅雨明けするまで保留!

取り敢えず、縄跳びして腕と肩を回すことにする。

天気悪かったらエア縄跳びだ(笑)

一石三鳥を狙うゾ。

浮腫予防、ダイエット、骨粗鬆症予防。




nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

初の乳癌学会へ  (7/5追記) [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

[かわいい]聴講した演目[かわいい]
7/2(木)
[1]医療ITと乳癌診療 ‐ チーム医療を支える電子カルテ ‐
[2]会長講演
[3]特別講演 1
[4]明日の医療を拓く ~臨床試験からのメッセージ~

7/3(金) 警報レベルの大雨のため、別件の予定を含め取り止め

7/4(土)
[5]サバイバーシップ
[6]乳癌検診における超音波検査の意義
[7]緩和医療
[8]患者セミナー


+ + + + + + + + + + + + + + +


行くかどうか迷ったけれど、行って良かったわ。

特に、日野原先生の講演は素晴らしかった~[ぴかぴか(新しい)]

103歳ですって。

あやを☆父は今年82歳。

ん~頭の回転&しゃべりの速さetc.ハッキリ言って負けている。

優ってるのは、丈夫さ&食いっぷり(笑)


私の学会レポは、明日以降に追記でUPしまーす。

実はこれから図書館で借りてきた本を一気に読まねばならぬのだ。

何故なら、返却が今日だったことに、さっき気付いた・・・(汗)

ちなにに本の題名は、『自分史上最高の幸せを呼びこむ方法』。

いかにも私が読みそうな本ですね(笑)

もっと幸せになるぞ!(オー)


+ + + + + + + + + + + + + + +


追記。

さて、学会レポートです。
すべてメモったつもりでいたけど、そうではなかった[がく~(落胆した顔)]
しかも、メモったものを見返してみると「?」だったり。
まぁでも、せっかくなので自分用覚書としてUPしておきます。

[ー(長音記号2)]7/2(木)[ー(長音記号2)]
[1]医療ITと乳癌診療 -チーム医療を支える電子カルテ-
 ◆乳癌患者サポートシステムの構築(昭和大学病院 ブレストセンター)
  ・副作用の傾向が分かる
  ・カルテだけだと、抗がん剤投与できるかどうかの判断程度
  ・診察前に、データ集計したものをプリントアウトして手渡す

  メリット ・自己管理ができる
        ・副作用の発現状況の確認ができ、対処に役立てる

  コニカミノルタと提携

  使い方 / ①カレンダーより日付を選択し、該当副作用を選択
         ②該当項目がなければ、直接入力する。
         ⇒ データはグラフ化される

    >昭和大学って紙カルテ運用なんだと。ビックリ~

 ◆電子カルテを用いた医療の質の向上(聖路加国際病院)
   医療のシステムの向上
   ・点数化
   ・指標の設定
   ・QI委員会@月1の開催(委員の他、興味がある人は参加できる)

   ・入院患者での転倒・転落事故(全体、病棟毎の集計)
   ・データを現場にフィードバック

   ・骨密度チェック@乳がん(閉経対象?)
   ・電子カルテに合わせた支援ツールの利用

   ・患者満足度 ⇒ 病気によって違いがありそうな結果が伺える
              医療者側と患者側で評価の乖離がある(治療の理解etc.)

   医療ITの今後:人工知能の応用⇒質疑応答、創造的発見、判断支援が見込める
              ⇒⇒チーム医療の一員となる


[2]会長講演(中村清吾先生)
 大切な3つ/生存の質、生活の質、生き甲斐

    >優雅に一人ランチをしている場合じゃなかった~[ふらふら]


[3]特別講演I(日野原重明先生)
  医学はサイエンスに基づくアート(技)である(W.オスラー医師の引用)

    >他にも素敵なこと、いっぱい言っていたのにコレだけ(残念~)
    >池うささんのblogに詳しく載っているので、是非ご覧ください[目]


[4]明日の医療を拓く ~臨床試験からのメッセージ~
  #これまでの臨床試験で印象に残ったベスト3を挙げてもらうセッション#

   <あやを☆理解度>
    ・臨床試験に用いる単語は分かる
    ・結果の見方で用いられる「ハザード比」「P値」「アウトカム」はイマイチ

   <感想>
    ・IC(インフォームドコンセント:説明と同意)の歴史って浅いのねー
    ・パネリストのお一人、愛知県がんセンター中央病院の吉村先生が、
     患者側の気持ちに沿った発言に心がほっこり~


[ー(長音記号2)]7/4(土)[ー(長音記号2)]
[5]サバイバーシップ
  ◆がん罹患後の身体活動を考える
   #遅刻のため、質疑応答のちょっと前より聴講#

   <質疑>
    若い時(20~30代)に運動していない人に対して、運動を進めても難しい。
    どうしたらよいか?
   <回答>
    個別の身体能力に合わせて、進める(立ったり、座ったりetc.)
    その上で、いつもより+10分多く運動するように働きかける

     >確かに、運動経験ない人にはハードル高いかも

  ◆乳がんの長期フォローアップのありかた
    ・術後フォローとして、PETや骨シンチは過剰(by米国)
    ・ASCOに術後のプランリスト(?)が掲載されている

     >SCP(癌治療後ケアプラン)のことを言っていたが、よく分からず

  ◆化学療法誘発性認知機能障害についての検討
    ・ケモブレイン/17~70%発現あり
    ・ケモ3w:61%認知機能低下 → ケモ1y:30%機能低下残存
     ⇒ 海馬の機能低下etc.
    ・TMT、COWA、HVLT-Rを用いて診断(?)

    治療/行動療法:脳トレ、リラクゼーション、ヨガ、コーピング
         薬物療法:中枢神経、アルツハイマー、神経新生etc.に作用するもの

    ・血清pNF-H(脱髄のマーカー)がケモブレインに関与か?
    ・薬物の個別選択&投与量の調整
    ・治ればよい治療の終焉

     >私のケモブレインは一瞬だけで、元に戻った感じ


[6]乳癌検診における超音波検査の意義
  ◆乳癌検診における超音波検診の意義
    ・マンモグラフィは、DCISに有効
    ・StageⅡまでは、エコーで見付かる割合が高く、触診の代わりになる!?
    ・超音波による乳がん検診の標準化、精度管理を進めたい

  ◆乳房超音波検診の利益・不利益
    <利益>  ・死亡率低下に繋がる
    <不利益>・感度は良いが、特異度は悪い
            ・偽陽性(嚢胞、線維腺腫etc.)を検出しやすい
 
     >私にとっては利益だったのだが、不利益もあるのねー

  ◆40歳代MMG+US検診は導入の検討と準備の時期
    ・検診精度が上がると、DCISが増える
    ・DCISは、手術の有無に関わらず、予後に変わりなし
     ⇒過剰診断を考慮する必要がある

     >私、DCISだったら手術しない派(浸潤だったのでね…)


[7]緩和医療
  ◆乳癌患者スクリーニングシートによる診断時からの緩和医療の導入
    ・がん対策基本法に、早期から適切に行われるように条文化されている

    治るCURE/癒えるHEAL
     ⇒再発・転移・終末期は、HEALの比重が上がる

    診断時:Stage 0~2
         4割が辛いと感じ、その3割が生活に支障があると回答
         入院時は5割になる

    <質疑応答より>
     ・がん患者に対して、介護保険が早く受けられるよう進めていくことが急務
     ・早めに介護申請すると査定が低い可能性があるが、それでも進めている

  ◆チームで支える緩和医療
   医療者と患者(転移・再発)との認識ギャップがある
    ・医療者:治らない × 患者:治る
    ・症状コントロールの効き具合/医療者:OK × 患者:NG

   『私のリビングウィル』(事前意思表明書)
    ⇒診断時、再発・転移時、症状が出始めたetc.に作成

   <質疑応答より>
    在宅医療の希望はあるが、決まっていない場合の対処は?
    ⇒院内(聖路加)の医療相談室を通じて、患者の近隣病院に打診している

  ◆緩和医療におけるスピリチュアルケアの3つのモード
   拠点病院の方が、緩和ケアに関する知識が多い

   ・診断型ケア:当事者より援助者の方が知識etc.優位
   ・対話型ケア:当事者の主観の開示による、共感的に関わる

   スピリチュアルケアの課題
    ・責任/治療のオーナーシップの確立
    ・愛情/共感的支援(在宅ケアの体制)
    ・信頼/触媒的関わりと見守り


[8]患者セミナー
  ◆手術療法(再建含む)
    ・全摘が増えている ⇒ 乳房同時再建の影響あり
    ・低侵襲(手術)になっている ⇒ 乳がんは生存率が高いこと
                        術後のQOLの高さが求められている
    ・センチネルリンパ節に転移あり
     →非センチネルリンパ節への転移率が9~26%(1/4)
     ⇒腋窩手術はしない方向にいっている
    ・体脂肪率が低いと、予後がよい可能性アリ     etc.

  ◆放射線治療
    ・日本人の予後は良い、和食の影響か!?(海外在住の日本人は違う)
    ・皮膚のケア(保湿):ヒルドイドソフト
    
    <質疑応答より>
     長年乾燥が続いていて、半ば諦めている
     ⇒顔と同じようにケアをすれば、年単位ではあるが良くなる可能性あり

  ◆総括
    ・30人から始まった患者セミナーが、2015年は400人

  ◆閉会の辞
    ・情報が氾濫している(→セミナーを通じてどうにかしたい?)
    ・会場が狭くてゴメンナサイ


+ + + + + + + + + + + + + + +


ヒー。

途中から、感想を盛り込む余裕がなくなってしまったわ~。

とにかくUPした私、エライ!(笑)

人には向き不向きがあるってことね。

あ~これから癒しタイムしないと。

んで寝る!(日付が変わる~急げ~~[ダッシュ(走り出すさま)]



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

取り敢えず有給は取ったけれども、乳がん学会どうしようか・・・ [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

「第23回日本乳癌学会学術総会」がまもなく開催される。

期間は2015年7月2日~4日で、場所は東京国際フォーラム。

乳がん4〜5年生あたりまでは、乳がんの情報収集に熱心だった私。

その情熱が沈静化したっぽい。

それだけ、元気になったということか?!

職場が病院の治験管理室なので、臨床研究からは離れていない。

ただ、乳がんに固執しなくなっただけのことかもしれない。


セミナー大好きな治験主任曰く、”(乳がん学会の)患者枠の参加費高いね"…とのこと。

日程表を見せると、いくつか気になるプログラムがあったらしく、

興味があったら聴講してほしいな」と言われた。

該当プログラムに印を付けてもらい、確認した。

今の仕事に関わる内容のに付いていた。

なるほど、こういう選択もありか・・・


心置きなく有給取れる状況に感謝しつつ、どんなものか見物がてら初日は行くかな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

残り20日とホットフラッシュと健康診断結果 [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

ノルバデックス残り20日分。

毎日カウントダウン記事をUPすれば、服用忘れを防げるかな?(笑)

結局、私のノルバデックスの副作用は、最初から最後まで『便秘』。

便秘のせいで、水戸さまの大暴走あったりで、エライ目に遭いました。

今は承気湯類の漢方で調整している状況です。

ホットフラッシュは、暑くなると表出する(冬に表出してほしかった)

最後の最後にきて、割と頻回にホットフラッシュ攻撃されてますヨ。



さて、先日、院内での健康診断がありました。

今年からQFT検査(結核感染の診断をする血液検査)が加わりました。

ほとんどの結果が出揃ったけれど、コレはまだ。

亡き母の死因の一つが『結核』だったので、結果が気になるところです。

今回もHとLが付かないといいなぁと臨んだ健康診断でしたが、

やっぱりCre(クレアチニン)にHが付いてしまいました~[バッド(下向き矢印)]

あとは…基準値内だけれども、TG(中性脂肪)が20UPしちゃいました[がく~(落胆した顔)]

健康診断 (240x320).jpg



計るだけダイエットは、[るんるん]三歩進んで、二歩下がる~[るんるん]な感じです(笑)

それでも、体重減少はしているので、しばらく続けるつもりです。

あと、どうやら睡眠の質が、体重の増減に関与しているっぽい。

痩せるのは、食べる量だけ何とかするじゃダメなのねー。

総合的にアプローチするのがいいってことだけど、これがなかなか難しい。

これは、乳がん治療にも当てはまる気がする。

まぁ何事も『ほどほど』がいいのかもしれない。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今日でお終い [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

本日、ノルバデックス処方分の最終日~(パチパチ)

ちゃんと服用していれば、明日から無治療[ぴかぴか(新しい)]だった。

だった・・・とゆーことは?

服用忘れがいっぱいありまーす[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

敢えて、数はお知らせしません(笑)

が!

blog内のある所を見れば、分かります(笑)

あと、画像をみて判断ね。

気にしないことが大切です(をい)

ノルバデックス.JPG

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

早速、延びたよ [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

今朝、ノルバデックスを服用しようとしたら・・・・・

『5/17』付のものが、どういう訳だかあるヽ(*o* ;)ノ

ハイ!

魔王君臨~飲み忘れ決定![わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)] ← 笑って誤魔化すなー


最終服用日が7月16日に変更でぇ~す。

7/16・・・昔派遣された会社のチームリーダーの誕生日だ。

私ゃ一般人の林家アー子(笑)

服用は忘れても誕生日は覚えてます!(・`ω・´)b  ← そーゆー問題じゃないだろ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

あと2ヶ月~ [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

ノルバデックス服用最終予定日は、2015年7月15日。

飲み忘れ魔王(笑)の私なので、日にちがズレる可能性あり。

気持ち的には、今すぐ止めちゃっても気にしないけれど(をい)、

せっかくだから手元の薬は飲み切ろうと思っている。

結局、私の飲み忘れはどのぐらいあったのかなぁ…。

5年中・・・たぶん半年前後?(笑)


ノルバデックスが終わった後を妄想してニヤリ( ̄ー+ ̄)

便秘・視力低下・爪&肌トラブルから解放される予定なのだ[手(チョキ)]

まぁでも、副作用が軽く済んで良かった。

特に、体重増加に影響なかったのが助かったかも。

って最近、食べ物が美味しくてキケン領域に入っちゃったか!?[ふらふら]

久しぶりに『プチ断食』するかなぁ。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

術後5年目検査②+骨密度のオソロシイ結果 [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

術後5年目検査の最後はエコー(超音波)。

既に終了している検査の結果が問題ないせいかは分からないけれど、

念入りに調べられていない感じ。

って1年前にも似たような感想をUPしたような気がする[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

だってさ~、年1回の検査ぐらいはちゃんとやってくれ!な訳で…。

ま、クリアしたから500歩譲ってヨシとする(笑)



それより骨密度の結果にハラハラするわ~。

┏(_ _|||)┓ガックリ

もうさ~まだ閉経してなくてコレだとしたら、閉経したらソク骨粗鬆症だよ[バッド(下向き矢印)]

デキサ法(Ⅹ線骨密度測定装置)で大腿骨や腰椎の骨量を測定したの。

結果は・・・大腿骨85%腰椎77%

正常と骨量減少の狭間で揺れ動く心。



とにかく何とかしないと[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]

遺伝的要素が強いとはいえ、このままにしてたらマズイ。

私の場合、食べ物は問題ないので、そうなると運動と日光浴だわね。

運動は縄跳びするゼ。

日本なわとび競技連盟公認の縄跳び持ってるし(笑)

日光浴は意識して浴びないとなぁ。



未来の私のために、今の私がちょっとだけ頑張る。



nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

術後5年目検査① [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

今回は、朝一から検査。

サクサク進んでいいねぇ。

んが!

総元締めの乳腺外科で流れが止まる[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

診察2番目で25分遅れ。

きっと病棟対応で時間が押してしまったのであろうと推察。

こうやって、どんどん待ち時間が加算される訳だね。



診察に入り、何かのキッカケで主治医があることを告げた。

2番目の主治医も異動でーす![がく~(落胆した顔)]

せっかくお互い(?)慣れて話せたのにねぇ。

残念。

今年の乳がん学会は東京だから行くよーと宣言したら、

何故か慌てて「何で?」だって。

興味があるからに決まってるでしょー。



その後、見掛けて声を掛けたら分かるか分からないか、

顔は分かるけど、名前は出てこないかも。

あっ、月山に登ったとか関係ないことは思い出しそう(笑)

診察とは思えない会話を繰り広げつつも、今日の検査は問題ナシ。

これでもう安心だね、と本職の仕事も忘れずにフォロー[手(チョキ)]

落ち着いていると思いきや、実は異動の話で動揺しちゃっていたらしい私。

だいぶ経ってから、臨床検査値データのコピーのもらい忘れに気付く[バッド(下向き矢印)]



今日の診察で、ノルバデックスの処方が終わり。

手持ちの23日分+84日分+服用忘れ分(笑)がなくなれば、遂に無治療です。

ってまだ飲み終わってないし、術後5年目検査②が残ってる(笑)

まぁでも、主治医の言葉からして大丈夫だと信じてる[ぴかぴか(新しい)]

5年経ったのか…。

私にとっては、乳がんだけでなく、母が亡くなったこともリンクしているので、

色々な意味で感慨深いです。

nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:健康

10ヶ月ぶりだ~ [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

昨日、突如として月の使者(生理)が来訪。

何の前触れもなし。

初潮の時と似ていた。

う○ちかと思っちゃった(笑)


今日、2日目。

何の不具合もない。

お陰で、来訪中ってことを忘れる。

トイレ用のタイマーセットした(笑)


何日続くのかな?

次はいつ来るのかな?

今回の件はちょっと驚いたけど、素直に嬉しい。

だって、久しぶりの痩せ期がくるから[るんるん]


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

遂に5年経過で、6年生進級 [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

2009.12.28に乳がん告知。

一旦家に戻って父に報告。

その後、母が入院していた病院に出向き報告。

あれから5年。

母が亡くなってから約4年弱。


抗がん剤でメタメタになってしまった身体は、

若干ノルバデックスの影響はあるものの、

驚異的回復力でほぼ元通り。

ホルモン療法もあと半年。

月日の流れを感じます。


それでもようやく折り返し。

他の部位だったら取り敢えず寛解だけど、

乳がんは先が長い。

あと5年、どうやって過ごそうか…。

取り敢えず、屋久島目指して体力作りしようっと。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ノルバデックス服用状況の今 [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

なななんと!

11月から一度も忘れず、しっかり服用出来てる私。

何だか、凄くない?(笑)

ちょっと感動[ぴかぴか(新しい)]

って当たり前!?


次の受診日でラスト処方になるからってのが大きいのかも。

んが!

しっかり服用すると、何か太る気がする…。

ってゆーか、実際に太ってしまったのだが[がく~(落胆した顔)]

プチ断食するかなぁ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

水分摂取不足が原因か? [/ホルモン療法 (TAM) 5年目]

8月に受けた病院職員の健康診断結果が、(今頃)届いた。

既に自ら電カルCheckしているので、数値は知っていたけれども、

どう判定されるか分からなかった。

昨年は何故か胸部X線撮影が引っ掛かったが、今年は異常なし。

そうなると、今回の総合判定は「異常なし」かしら~と思っていたら、

なんと!「経過観察」判定[がく~(落胆した顔)]

引っ掛かったのは、CRE(クレアチニン)のみ。

基準値0.4-0.7のところ、0.8のちょっとオーバー。

これだけで、生化学・免疫検査の判定も「経過観察」。

CREってそんなに重要だったのかー[たらーっ(汗)]


水分摂取がイマイチによる脱水かなぁと思いつつ、

祖母が腎臓病で母14歳の時に40代後半で他界し、

亡き母も20代の時に腎臓が悪くて通院していた…

という話を聞いていたので、家系的なものかしら。

もしかしたら、私の腎臓って弱いのかも~と最初に思ったのは、

抗がん剤投与中だった。

とにかく右の腎臓が痛くて、尿が泡立ちまくっていた。

抗がん剤中止になって4年経つけど、回復に手間取ってる。

まぁでも今の主治医に言わせれば、私の年齢でHもLもないのは、

ある意味では異常らしく、その異常を私は望んでいたりする(笑)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の15件 | - /ホルモン療法 (TAM) 5年目 ブログトップ