So-net無料ブログ作成
検索選択

副作用は人それぞれ④ [/化学療法 (AC)]

意識朦朧となりながら(?)頑張ったAC療法。
遂に!というか、やっとの④回目。
最後ぐらい、楽させて~”と思ったからか知らないけど、
出だしは今までの中では楽。

ところが!調子に乗って、温熱療法と光線療法をしたところ、
いつも以上に頭(脳?)が痺れて寝込んでしまった。
四六時中アイスノンの世話になって、何とか復活したものの、
今度は抗がん剤の副作用で初の便秘。

軽い難産に見舞われつつ、2~3日の苦しみで正常モードへ
戻りそうだとホッとした矢先に、血尿
泡立つだけじゃなく、血を出すようになった尿。
腎臓、ヤラれちゃったかな[ふらふら]

まぁまだ大丈夫だろう!と、久しぶりに(!)シャワーを浴びて、
出てから10~15分後ぐらいから、急にヒヤーっとした感覚と共に
全身虚脱になり、指先がレイノー現象。
こりゃマズ~イ!と焦りだしたら、全身の骨が痛みだして寒気が
襲ってきた。

またもや寝込みモードへ逆戻り。
しばらくガタガタと震えが治まらず、治まったら熱が急上昇[右斜め上]
最終的に、体温39.5℃で固定。
ここまで体温が上がると、猛暑も気にならないどころか、クーラー
や扇風機を使用しなくても平気で、布団を被る始末。

血尿だけだったらもう少し様子見ようと思ったけれど、高熱まで
加わったので、[病院]へ電話。
結局、毎回SOSするハメに。
だけど、実際の対応はイマイチで、ガッカリすること多し[バッド(下向き矢印)]

2度ガツーン[どんっ(衝撃)]と寝込むことになってしまい、今もフラフラ。
真っ直ぐ立てないし、起きているのが辛い。ヒー。
副作用に加え、社会人になって初の夏バテも加わったみたいで、
身体はボロボロ~。

でも、精神はいたって普通で、”暇~!” な状態をなんとか読書で
紛らわせている感じ。
8月だけで、漫画&小説+αで50冊は読んでいるかも。
頭の痺れは・・・コレ↑の影響があるかもしれない[たらーっ(汗)]
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

治療方針の話し合い [/化学療法 (PAC) ⇒ 中止]

【結論】
タキソール(PAC)は、投与しないことに決定

【主な理由】
私の体力消耗が激しいため


     +     +     +     +     +


現在、体重44kg台(身長163cm)
今日もヘロヘログッタリモード(AC④回目3w経過)
このままタキソールへ突入したら、もう回復しないんじゃないかと
不安を募らせながら病院へ。

どうする?」と主治医。
どうしましょうね…」と私。
ホント、どうしたらいいんだろうねぇ
そうですね…
臨検値は問題ないんだけどね。だけど、身体は回復してないよね
そうなんですよね。体重は増えることなく減り続けてますから。
 これ以上弱ったらどうしようって思ってます

抗がん剤投与後、体力低下が著しくて、外出は病院・鍼灸院・職安(呼び出し)
がメインで、個人的に外出したのはせいぜい3~4回。
ほぼ引きこもりで、その引きこもりの8~9割は寝込んでいる状態。
アレコレと今までの状況を説明してみた。

日常生活がままならない状態なんだ・・・!
ハァ…そうですかね
だって治療中心の生活でしょう。外出するのはほぼ治療のためだけで、
 あとは横になっていることが多い…
ハハハ[たらーっ(汗)] まぁ確かに、料理作るのも大変です…

主治医は散々悩んだ挙げ句、私の体力(&QOL)を考慮し、タキソール投与
を断念し、ホルモン療法(タモキシフェン)をすることに決めた。
これもまずは一週間のお試しだそう。

タモキシフェンでも副作用が酷かったら?
また別なのを考える
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

AC療法④回目 [/化学療法 (AC)]

「もう抗がん剤やらないぞー!」の意気込みで来院したってゆーのに、
なんということじゃ~!!予想に反して尿検査が正常~[もうやだ~(悲しい顔)]
そして、いつものように臨検値(白血球数)正常。6000超え。

私が気にしている好中球とリンパ球いつものように上限値下限値超え。
ずーっとストレスフルじゃん[パンチ]

抗がん剤中止と思っていたのに、完全に出鼻を挫かれ呆然としてしまい、
気が付けばAC④回目投与を了承しちゃっていた[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、次回の来院はタキソール投与ではなく、治療方針の相談
有無を云わさずな主治医じゃなくて、本当に良かった[ハートたち(複数ハート)]

ただ、グレードが悪い<3>ので、再発・転移を気にしていて、
主治医としてはタキソール投与をしてほしい感じ。
それを承知の上で、「もうギブ」宣言している私。

僕は、10年でも20年でもAYAさんに長生きしてもらいたいんだよね
私もそのつもりですよ[るんるん]先生と私が目指しているものは一緒ですね[わーい(嬉しい顔)]
 違うのは・・・その方法かな?

主治医にとっては、私はやりにくい患者なのかもしれないけれど、
ちゃんと私に向き合って話を聞いてくれるので、有り難いことだなぁ
と感じているのと同時に、申し訳ない気がしないではない。

だけど、私の身体のことだし、臨検値データには出てこない不具合は、
私にしか分からないことなので、身体からのサインで決めたい。
確かに…実際に抗がん剤をするのはAYAさんですからね

何故か今日は、外来の看護師さんと通院治療室の看護師さんが、
いつも以上に色々と話を聞いてくれて、かなり気分転換になった。
前回、前々回の看護師さんも声を掛けてくれた。

私にしてみれば、抗がん剤よりも主治医や看護師さんと話す方が、
よっぽど治療になっている気がするんだけどなぁ・・・。
やっぱり薬だけが治療ではない!と思う私。
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ヤロー・エンバイロメンタル・ソリューション [/アイテム]

雪とパイナップルの記事を入力して、思い出した入院アイテム※

入院するちょっと前、少しでもストレスを解消したくて、ヒーラーの元へ赴いた。
3月に手術をすること、ストレスや自然治癒力のことetc.の話をした。
施術終了後、入院する時に持って行った方がいいアイテムを教えてもらった。


FESフラワーエッセンススプレー ヤロー環境フォーミュラ(Y.E..S) 30ml

FESフラワーエッセンススプレー ヤロー環境フォーミュラ(Y.E..S) 30ml

  • 出版社/メーカー: FES(Flower Essence Society)
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


このフラワーエッセンスは、1986年のチェルノブイリ原発事故がキッカケで
開発されたようです。


私は、スプレータイプを購入して、病室や自分に吹きかけてた。
確かに、入院している時に不安を感じることはなかったなぁ。

退院後は入院していた母に譲ってしまったけれど、免疫力をサポートする
らしいし、抗がん剤の化学物質にストレスを感じてしまっているから、
今こそ必要なのかもしない。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

雪とパイナップル [雑記]


雪とパイナップル

雪とパイナップル

  • 作者: 鎌田 實
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/06/25
  • メディア: 単行本


先日、本屋にて購入した本の一冊。
チェルノブイリの放射能汚染で白血病になった少年アンドレイ君の実話を
堅苦しくない絵本にした作品。

ネタバレはしないけれど、私は涙と洟水まみれになった。
私も未来を信じたいと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: